乳歯の生え始めからお口の健康管理はスタートしています

乳歯の生え始めからお口の健康管理はスタートしています

小児歯科の役割は、虫歯になった歯を削って「治療」することよりも、適切な「予防」によって子どもの歯が虫歯にならないような健康な状態を保つことにあると、三郷市の歯医者「まつお歯科」では考えています。小児歯科に力を入れている当院では、将来、お子様がお口の健康を維持しやすくなるようなご提案をしています。

ご家族の協力なしに「予防」は成り立ちません

ご家族の協力なしに「予防」は成り立ちません

乳歯は生え始めた瞬間から虫歯になるリスクを持っています。乳歯に虫歯があると、ない場合と比べて永久歯が虫歯になる確立が10倍になると言われており、乳歯の虫歯は永久歯の生え変わりにも悪影響を与えることがわかっています。

つまり、お子様の将来のお口の健康を考えるなら、永久歯がしっかり生え変わるまでの健康状態をしっかり見守ることが肝心なのです。しかし、小さなお子様が自分で自分の歯を守ることはできません。そこで、お母さん・お父さんの協力が欠かせないのです。親御様に「自分が子どもの歯を守る」という強い意識と歯に関する正しい知識を持っていただくことが、虫歯予防を成功させる条件と言えるでしょう。

虫歯の感染ルート、ご存知でしたか?

虫歯の感染ルート、ご存知でしたか?

虫歯は虫歯菌を原因とする感染症ですが、生まれてすぐの赤ちゃんのお口には虫歯菌が存在しません。では、どこから感染するのかというと、赤ちゃんのお世話をする人から感染します。赤ちゃんのお世話をするお母さんからの感染が多いことから「母子伝播」とも呼ばれますが、実際は、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟、保育園の先生など、虫歯菌をお口に持つすべての人から感染する可能性があります。

家庭内感染を防ぐには?

虫歯から赤ちゃんのお口を守るためにも、スプーンやおはし、ストロー、コップやタオルなどは赤ちゃん専用のものを用意し、家族で共有しないようにしましょう。また、親御様の食べかけのものをあげるのも感染しやすいため要注意です。

とはいえ、こういった行為は徹底することが難しいもの。そこで、一つの方法として、周囲の大人が予防ケアを通じてお口の中から虫歯菌を減らしておくことをおすすめします。妊娠中の方にはマタニティ歯科で対応できますので、ぜひご活用ください。

お子様の歯を虫歯から守る3つの方法

方法1 歯質の強化 方法2 規則正しい食生活 方法3 ブラッシング習慣
方法1 歯質の強化 方法2 規則正しい食生活 方法3 ブラッシング習慣
生え始めの歯は虫歯になりやすいので、歯質を強化してあげる処置を。歯科医院での定期的なフッ素塗布が虫歯予防には効果的です。 食後、お口の中が酸性に傾くと、虫歯になるリスクが高まります。ダラダラといつまでもお口の中に食べ物が入っているような状態は要注意。食事やおやつは時間を決めて与えましょう。 虫歯予防のためには、お口の中がスッキリする感覚を知っていることが大切。食後のブラッシングやうがいの習慣を身につけましょう。10歳くらいまでは、親御様の仕上げ磨きが欠かせません。

子どもの歯を守る!「まつお歯科」の予防処置メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様の年齢や発達、お口の状態に合わせて、効果的な歯みがき方法を指導します。親御様の仕上げ磨きのコツもアドバイスしますので、不安なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化して、虫歯への抵抗力を高めます。当院では、市販のものより濃度の高いフッ素を歯に塗布します。定期的な塗布が、虫歯予防には効果的です。

シーラント

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の咬み合わせの溝。ここへ食べかすなどが溜まらないよう、あらかじめ歯科用プラスチック(レジン)で埋めておく処置が「シーラント」です。ブラッシングもしやすくなります。

子どもの歯科診療Q&A

子どもの歯科診療Q&A

ケガで子どもの歯が抜けてしまった場合は、歯医者へ連れて行っていいのですか?
はい、すぐに電話連絡をして歯科医院へお連れください。30分以内に移動できる医院を選びましょう。患部を乾燥させないよう流水で軽くうがいをし、抜けた歯は元の位置に戻すか、戻せない場合は濡れたガーゼなどで包んで、歯ぐきと頬の間に挟んでお連れください。
キシリトールはどうして歯にいいの?
キシリトールは虫歯菌の栄養源にならない甘味料です。キシリトールは虫歯菌に「酸」を作らせないばかりか、虫歯菌の動きを抑制する性質も持っています。また、キシリトールガムを噛むと唾液の分泌が促進され、細菌を洗い流す効果(自浄作用)も期待できます。
フッ素は食品添加物と聞きましたが、安全性に問題はないの?
フッ素は骨を構成する自然元素の一つ。微量ですが、さまざまな食品に含まれてもいます。虫歯予防に用いるフッ素の量はごくわずかですので、人体にほとんど悪影響はありません。フッ素のデメリットよりもメリットの方が大きいため、虫歯予防処置としてフッ素塗布は広く普及しています。
生え変わった永久歯がグラグラしていて気になります。
生えたての永久歯は歯根がまだしっかり根付いておらず、グラついていることもあります。次第に顎の骨に固定されてきますので心配することはありません。それでも気になるようなら、当院へご相談ください。
乳歯が残っているのに永久歯が生えてきた場合はどうすればいい?
永久歯が先に生えてきて、その後乳歯が自然に抜けるといったケースは少なからずあります。いつまでたっても乳歯が抜ける様子がないなら、抜歯が必要となることもありますのでご相談ください。

お子様の歯並びに気になるところがある方はこちらをご覧ください歯並びが気になる~矯正歯科~

三郷駅から通える歯医者「まつお歯科」電話番号048-950-5588土日診療 / 駐車場13台 / バリアフリー / キッズスペースあり

ページの先頭へ戻る