歯を失ってもしっかり噛みたいなら「インプラント」

歯を失ってもしっかり噛みたいなら「インプラント」

歯を失った部分を補うための治療としては入れ歯やブリッジが知られていますが、その中で近年選ばれる方が増えているのが「インプラント」です。インプラント治療は、ボルト状の人工歯根(チタン製)を顎の骨に直接埋め込んで独立させ、上部に人工の歯冠(主にセラミック製)を取り付ける方法です。

三郷市の歯医者「まつお歯科」では、インプラント治療にも対応しています。当院では、顎の骨量の不足により他院で治療できないと診断された方にも、「骨造成治療」によるインプラント治療が可能です。まずは、精密検査でインプラント治療が患者様にとって最適な治療法であるかどうかを診断し、他の治療のほうがよりよい結果を生み出すと考えられる場合にはそちらをご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療はこれまでにないメリットを持つため注目を集めていますが、「万能の治療法」ではありません。治療を選択する際には、デメリットについても正しく知っておきましょう。それが、納得の治療につなげるためのポイントです。

メリット デメリット
  • チタンと骨がしっかり結合するため、自分の歯のような噛み心地噛む力がよみがえる
  • 天然歯と区別がつかない仕上がりの美しさが得られる
  • 適切なメインテナンスが続けられれば、半永久的に維持できる
  • 自費診療であり、治療費が高額になる
  • 外科的手術が必要なため、患者様の身体に負担がかかる
  • 全身疾患がある方や妊娠中の方は治療が受けられない
  • 治療に半年から1年の時間がかかる

足りない骨を造成するインプラント治療

顎の骨がもともと薄かったり、歯周病などによって骨の吸収が起こったりしているケースでは、インプラント治療が安全にできないと診断されることがあります。当院が行っている骨造成治療は、顎の骨の量を人工的に増やして安全にインプラント治療を行えるようにする方法です。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨量が少ない場合に行います。サイナスとは、上顎の上にある「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞のこと。この空洞によって、上顎の骨量がインプラント治療に足りないケースが少なからずあります。サイナスリフトでは歯ぐきの横から穴を開け、上顎洞粘膜を押し上げてできた隙間に自家骨もしくは人工骨を入れて骨の厚みを確保します。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトもサイナスリフトと同様、上顎洞の骨量を増やす処置です。サイナスリフトが横から骨造成を行うのに対し、ソケットリフトは上顎骨の下部から穴を開けて上顎洞を押し上げます。サイナスリフトと比較すると短時間で、かつ患者様への身体的負担を抑えながら処置が行えます。

GBR法

GBR法

GBRは歯周病で失われた顎の骨を再生するのに用いられる手法のひとつです。骨が少ない部分に骨補填材を埋め、歯ぐきの侵入を遮るメンブレンと呼ばれる遮断膜を設置します。インプラント埋入前に必要な骨量を確保するために行うことも、インプラント手術の際に同時に行うこともできます。

【インプラントは継続したメインテナンスが不可欠です】

インプラントに用いられるのはどれも高品質な人工素材で、それそのものは半永久的に機能します。もちろん、虫歯になることもありません。ただし、埋め込まれた人体の方は人工素材ではないので、メインテナンスを怠ると天然の歯と同じように歯周病のような症状を招いてしまうことがあります。この歯周病のような症状を、「インプラント歯周炎」と言います。

インプラント歯周炎になると、歯周病のように歯ぐきや歯周組織が溶けてしまい、最終的にはせっかく長い時間と高いお金をかけて入れたインプラントが脱落してしまうことすらあります。

インプラントを快適に長く使い続けるためには、ご自宅でのブラッシングなどセルフケアや、定期検診やクリーニングなどのプロケアを併用してメインテナンスに努めることが重要です。当院でインプラント治療を受けられた方には、継続して定期検診を受けていただくことを強くお願いしています。歯肉の状態や咬み合わせのチェックなど、インプラントの維持には欠かせませんので、末長いお付き合いをしていきましょう。

三郷駅から通える歯医者「まつお歯科」電話番号048-950-5588土日診療 / 駐車場13台 / バリアフリー / キッズスペースあり

ページの先頭へ戻る